香水を楽しむ。

ぱふゅ~む

香水の種類によってイメージがかわる

香水は今やファッションの一部となっており、香りによってその人の印象やイメージを作ります。温度により香りが変わるため、つける人により濃度や香り方が少し変わるのですが、いい香りだからとつけすぎてしまうのは逆効果であり、悪印象を与えてしまうことがあります。ほのかに香る程度にすることがポイントです。香水はさまざまな香りがあり自分の好きな香りを見つけるのが大変なこともあります。特に初めての場合には、どんな香りが好きなのかを香り別に分けた上で探すとお気に入りのものに出会うことができます。香りにはフローラル系、シトラス系、爽やかな香り、甘い香りなどさまざまな種類があります。今や沢山の種類が販売されているため、全ての香りから選ぶというのはとても困難なことですが、何種類か探しているうちに自分の気にいるものがみつかるかもしれません。いい香りのものをつけることで、自分のモチベーションをあげることができたり、気分によって匂いを変えることができるのも香水の良いところです。沢山の種類があるからこそ、好きな香りを楽しむことができます。また、香りが長時間持続するものや、香りの濃度も種類によって異なるといわれています。

香水を魔法の香水に変えるためのテクニック

香水の効果とは、人を惹きつけるための物です。古代ヨーロッパでは、水はとても貴重な物であり、毎日入浴する習慣と言う物はありませんでした。香水を身につける事によって体臭を抑えていた物です。女性の方は化粧でも現れているように、他の女性よりも美しくなって目立ち、男性の興味を自分自身に向けたいと言う本能を持ち合わせています。この水もその一つであり、他の女性の方が利用していなく、尚且つ男性を惹きつけたい内容の物を求めます。人のフェロモンとは、科学的に証明されていない物ですが、この様な実験データがあります。男性の汗を含んだシャツと含んでいないシャツを女性の方に嗅いでもらい、どのシャツに好意を抱くのかと言う実験です。その結果、汗を含んだシャツに効果が現れたと言うデータがあります。魔法の水を作るには、自分自身の汗を含ませる事でそれが可能になる可能性があります。女性の中には、体臭を香水派と、シャンプー派の二つのタイプに分けて考える人達もいますが、シャンプーの香りも微妙に含ませるとオリジナルティの高い魔法の水が出来上げる可能性があります。実はこの魔法の水の効果は男性がつける方が効果が高くなる可能性があります。男性は本能を理性で抑える傾向が高く、女性は感情と言う本能を強く表に現れやすい傾向が高いためです。

COPYRIGHT(C)2015 ぱふゅ~む ALL RIGHT RESERVED